読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Startline. net official Blog

NPO法人 Startline. netのブログです!

【#002】Startline.netが介護業界に向けて発信し続ける理由とは?

こんばんは‼︎

Startline. netの佐藤です!

 

 

さて、タイトルにもある通り、

私たちがなぜ、介護業界に向けて

性的マイノリティについて発信し続けているのかを

お話ししたいと思います。


f:id:takarabito:20160816093920j:image

 

そもそも、Startline .netが任意団体として立ち上がったのが

2011年10月1日。

代表である佐藤と、法人監査役のふーみんとで

立ち上げたのが始まりでした。

 

それぞれ福祉職を目指していたころ、

ふと『僕の老後はどうなるんだろう・・・』と考え始めたのがきっかけでした。

 

今はオープンにセクシュアリティの話をしているけど、

介護を受けるってなったら

また閉じこもっちゃうのかな?とか

自分の望む性別で介護してもらえるのかな?とか

そんなことを始終考えていました。

 

どこに話を聞きに行っても

『うちの施設にそういった方はいませんから』と

はじめからいないものとして扱われていたことにすごく違和感を覚えました。

 

やっぱり介護受けるってなったらクローズでいなきゃいけないのか・・

と心が折れそうになりながらも

いろんな情報を調べてみると

LGBT当事者向けの施設を立てよう」という思いや活動をいくつか見つけ

素敵だなと思いましたが、

いまいちしっくりこない部分がありました。

 

それは、「そこは本当に居心地のいい場所なのか」ということ。

住み慣れた家で最後を迎えたい

住み慣れた地域で最後を迎えたい

そういう方にも

自由な選択肢を持ってもらうためには

介護の側にLGBTを浸透させて行くほうが早いんじゃないかなと思いました。

 

また、介護職として

よりよい質のサービスで最期を楽しんでほしいという思いもあり

自分がここで介護を受けたいと思える施設をたくさん探して

そこでLGBTの研修をして

その施設を紹介できたら

こんな幸せなことはない、と

 

そんな思いから、当団体は立ち上がり、

そんな思いで、発信し続けています。

 

 

 

今では全国に10人を超える仲間がいて

たくさんの人に支えられて

Startline. netがあります。

 

これから高齢化社会と呼ばれる環境になっていく中で

多種多様なサービス提供と

《最期までその人らしく》という思いがか叶えられるように

頑張りたいと思います。

 

 
----------------------------
多様性のある福祉社会を!
NPO法人 Startline. net
web:) www.startline-net.jimdo.com
FB:)https://m.facebook.com/startline.net.lgbt

ブログ読んでくれてありがとうございます!
よかったらTwitterFacebookでシェアしてください!

今日のブロガーは…

 

f:id:takarabito:20160816000726j:image